CHIKIらく日記

日々の雑感と読み聞かせのコツと。

読み聞かせはヘタでもいいのです

「文字読むの苦手だから、読めねーよ!」

f:id:chiki-no3:20190119041234j:image

なんて困りつつも
絵本をパラパラめくって頭の中で「どう読もう?」と

イメージを膨らませていた(だろう)若いママさんがいました。

おそらく、「読み聞かせは子どもの情緒にいいからやってあげてください」、と

アドバイスをされた直後だったのでしょう。

照れもあるのかも知れませんが

読んであげよう、という気になったのが素晴らしい!

「愛」ですね~!(笑)

 

棒読みでもいいんです。

読み方にヘンな癖があったとしてもいいんです!

子どもにしてみれば

あまり上手下手は問題ではないでしょう。

読み聞かせで子どもに悪影響、なんてことは絶対にありません(笑)

え?以前書いてたことと矛盾してるじゃないかって?

 

www.chiki-no3.com

 

「ヘタだから読み聞かせしない!」

 

「ヘタでも読み聞かせする!」

 

の、二択であったなら、そりゃ後者でしょう!

お話の時間、子どもの心は安定して穏やかになりますし。

そして、想像がムクムクふわふわと膨らんで栄養となり

その喜びはいつまでも心の片隅にあるはずです!

だからぜひぜひ、下手でも積極的に読んであげてください。

 

 で も !

 

ノウハウを知って、より深い読み聞かせが出来るのだとしたら

ぜひやってみたくないですか?そう、

読み方が下手でも、「深い読み聞かせ」

それが「ひとつ上の読み聞かせ」というワケです。

ヘタなひとはまず、上手く読もうとしないことです。

そして最低でも、その物語の「終着点」、つまり

作者はなにが言いたいのか?

を自分なりに感じ取ってみてください。

その解釈がいわゆるあなたの「ワールド」ということになります。

難しいと思わず、まずはそこから!

さあ、どうぞ楽しい読み聞かせを!

 

↓押していただけると励みになります♪

 にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村