CHIKIらく日記

日々の雑感と読み聞かせのコツと。

読み聞かせの心構え

わが子もいる前で読み聞かせ…? 

f:id:chiki-no3:20181227220452j:plain

なにかのきっかけで保護者のかたが

自分の子どもがいる前で読み聞かせをしなくてはならない状況…

あると思います!

お誕生日会のイベント、謝恩会、なにかの記念行事…などなどなど。

わたしも、自分の子どもたちが通う幼稚園や小学校、(たまに中学校)で

そんな状況になんども直面しましたが、

たいていの保護者さんたちは喜々として参加していました。

意外とみなさん、ノリノリになるんですよね!

 

が、中には、どうにも恥ずかしくって…というかた、

とくに男性に多いような気がしますわたしの経験上。

ふだん、家でも読み聞かせなんてやってないのに

あ~…なんでこんなことに…!でもやらざる得ない…!

という状況。

 

いやでいやで死にたくなるくらいなら、やらなくてもいいのですが、

恥ずかしがりながらやると、それを見させられる我が子のほうが

もっと恥ずかしい思いをするものです(笑)

照れながらやるくらいなら、もう冒頭でみんなの前で

「恥ずかしいけど頑張ります!」とか

「わードキドキするー!」とか言って

告白してしまったほうがラクになるかもしれません。

まぁ、それすら言えないひともいるでしょうが…

うまくそれが笑いにもっていければいいけれど…

でも子どもってそういうので笑ったりはしないし…

ほんとは余計な印象を子どもたちに与えてしまうので

この告白パターンはあまりおススメはしません。

子どもたちのほうがそれをきいただけで

ハラハラしてしまうかもしれませんしね。

 そう。ここで大事なこと。コンセプトは

 

「子どもたちのために」なのです。

 

恥ずかしくて照れながらやっても中味がちゃんとできていれば

案外、緊張は子どもたちには伝わりません(笑)

うまくやらなきゃ、とプレッシャーに思っていたり

練習不足だと、ドキドキして余計な緊張してしまうかも知れません。

でも逆に「失敗しないようにしなくちゃ…!」と集中して

すっごくいいものになる可能性もあります!

つまり

失敗してもいいので気楽にやってください!

ということですね!これにつきます!(笑)

 

www.chiki-no3.com

 

↓押していただけると励みになります♪

 にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村